税務お助け情報局!税務のことなら、税理士に依頼しましょう。

遺産分割協議のトラブル回避のために

遺産相続のトラブルになりやすいこととして、相続についての話し合いを始めてから新たに対象の相続人が現れた、すべての財産の洗い出しをしたら負の遺産が大半だった、話し合いの場に未成年や不在者がいた、などが挙げられます。

そのような問題を避けるためにも準備は大切になりますが、大事な人が亡くなった直後に冷静に対応できる人は多くないでしょう。そのようなときは弁護士などを雇い、アドバイスや進行を依頼して、遺産分割協議を行えばスムーズに進められるでしょう。遺産分割協議で起こりうる問題も回避できますし、手続きの代行も可能になります。

遺産分割協議における弁護士の必要性

遺産分割協議を相続人同士でおこなう場合は、弁護士などの専門家に相談しておくといいでしょう。どのような協議書を作成するべきなのか、的確にアドバイスするのはもちろん、協議自体の代理もおこなっています。

当事者同士では話がまとまらない場合や、ほかの相続人に理不尽な要求をされている場合など、協議に参加することが精神的に苦痛であるなら、弁護士が全て代行します。協議が長期化すると、調停や裁判に移行してしまいます。そのため、早い段階から専門家に任せた方が、結果自分の希望に合った解決策をスピーディーに見つけられるのです。

弁護士立ち合いのもと遺産分割協議を行いましょう

遺産相続をする場合には、遺言書の内容に従い、遺産分割を行っていきます。しかし遺言書の内容が、特定の人物に全ての遺産を相続するといった、偏った内容の場合は、遺言書を無効にすることが出来るので、残された家族で遺産分割協議を行います。

分割協議を行う場合は、弁護士に立ち会ってもらい、分割協議を行うようにしてください。全員が同意した場合は、遺産分割協議書を作成し、弁護士に不備が無いかチェックをしてもらいましょう。不備が無い場合は、相続人全員が押印をして、保管することで相続トラブルになる事を防ぐことが出来ます。

円満に遺産分割協議を進めるために弁護士へ依頼

遺産分割協議は、遺産をどう分配するかを決める話し合いのことです。全員の合意が得られた場合には、遺産分割協議書を作成して手続きに移ります。遺産と一口にいっても、現金だけでなく株式や不動産などさまざまな種類があります。

分配の割合をどのようにしたら公平なのか、遺産を現金化して分配した方がよいのかなど悩みは、弁護士に立会を依頼しておくことで有用なアドバイスを受けることが出来るでしょう。遺産を受け取る際には相続税がかかりますし、不動産は固定資産税も必要となるので、税金についての相談も併せてしておくことをおすすめします。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続きに関する記事

メニュー

相続の相談 遺産相続相談とは 相続税税務調査 相続税お尋ね 遺産分割協議 遺留分 相続手続き

税務お助け情報

相続について

相続税税務調査

相続税お尋ね

遺産分割協議

遺留分

相続手続き

税理士について